500年の歴史を持つ
日本発のボードゲーム

武田家の秘伝書

武田信玄
武田信玄肖像

作者の深沢氏の先祖は、武田信玄の軍師の山本勘助と関わりがあるとされます。武田家の秘伝書を代々受け継いでいます。

作者が武田の古文書を調べて行くと、菱形の武田家の家紋の中に41個の玉がある不思議な図面がありました。

これが、玉を飛び越して1個にする物らしいとは古文書から分かりましたが、その解き方は書いてありませんでした。

これは500年前の武田家の門外不出の戦略法が埋め込まれたものらしく、解析しはじめました。

しかし、それは苦労の連続でした。実は何度かあきらめて、投げ出したこともありました。

そして、ついに信玄が一国になる方法を編み出しました。これを、41個の玉を使うため、フォーティーワンと名付けました。

山本勘助肖像

信玄の戦略

これには

遠公近攻(遠くの国と同盟し近くを攻める)

信玄包(信玄の作った治水設備)

キツツキの戦法(川中島の戦いでの戦法)

などの武田家の戦略法が使われていて、さらに近代数学の微積分母法もが含まれていました。

簡単な規則(ル-ル)ですが、複雑で高度な深い先読みが必要とされます。

使ってみるとゲームとして楽しく、そして頭をフルに使うので、知能が高くなる、まさに「頭脳トレーニングマシン」でした。

戦国から現代へ

私達は、武田家の秘伝にするのでは無く、広く世の中に出すべきだと思いました。

一度遊ぶとはまってしまうと、女性にも大人気です。また教育者からも知的ゲームと高く評価されています。

インテリアとして使うこともできます。

お気軽にお問い合わせください。0556-22-2553受付時間 9:00 - 22:00

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。